スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛行機「ボーイング家の翔んでる金さん、銀さん 」 

20世紀以降の乗り物の王者はなんといっても飛行機!だと思う。
最も評価されるのはそのスピード。
それを実現するための、合理性を追求した美しいデザイン。
自動車もそのデザインについて語られる事が多いけれど、空力的な合理性を求められる度合いはその比では無い。
なにしろ空中に浮かばなくてはならないし、そのためには無駄なくスピードを出し続けなくてはならない。
なので、エンジンは空中でエンストすることを許されない。
そんなメチャ厳しい条件のもとに形づくられる超合理的な形状は、人の手による最も美しい造形物と言えるだろう。

で、飛行機のスピードだけれど、今から108年前、ライト兄弟が飛ばした飛行機の時速が48km。
皮肉なことに現代の飛行機の構造では、こんなに「遅く」飛ぶことはできない。
現在、一般の人たちが経験できる最高飛行スピードは時速1000km。
ジャンボジェットやエアバスなど、ジェット旅客機がこのスピードだが、実際のところ乗客としてそんな速度が感じられるわけではない。
現役の戦闘機なら音速の約2.5倍、約2500kmものスピードで飛行できる。
大雑把に言えば、人類はこの100年余りで初飛行の50倍のスピードを手にした事になる。

飛行機のスピードについてはなんとなく感覚ありだと思うけれど、興味深いのは、その寿命だ。
航空機の開発には優秀な人材と莫大な予算が必要で、それ故に、航空機メーカーはたくさん作って量産効果を上げること、軍やエアラインといったカスタマーは長く使って対費用効果を上げることを目指す。
これが、なかなかそう上手くはいかないのだけれど、時としてかなりの長寿飛行機が誕生している。
その代表格がベトナム戦争で名を馳せたB-52爆撃機とおなじみのB-747ジャンボジェット旅客機。
片や軍用機、片や民間機ではあるが、どちらもなかなかのご長寿である。

B-52爆撃機は1955年に米空軍に配備された。
いずれ超音速爆撃機にとって変わられるだろうと言われながら、2012年で就役から57年目となり、いまだ現役である。
750機近くが生産され、1960~63年頃に生産された機体に近代化改修(機体の強化、電子機器のアップデート、エンジンの換装など)を加えに加えて71機が今も現役として運用されている。
今後の改修も計画されているらしく、ひょっとしたら100歳万歳!になるかも。
B-52H縮小

一方のB-747ジャンボ旅客機は1970年に就航。
この42年間に1500機近くが生産された。
さすがに、42年間使い続けられた機体は無いけれど、基本設計は変わらぬまま、様々な派生型がいまなお生産され続けている。

共に、100年余の航空機の歴史の中で、その半分の歳月を現役機として君臨して来たことになる。
日進月歩の進化を遂げる航空工学とそこから生み出される数々の新鋭機を横目に、どっかと腰を据えて、働き続けて半世紀。
なんと、どちらもボーイング家、いやボーイング社から誕生している。
ご当人たちには迷惑かもしれないが、ふと金さん、銀さんを思い出してしまった。



■ジャンボジェットの誕生は、ボーイング社が、米軍の
大型輸送機開発コンペに負けた事に始まる。
ロッキード社が勝利し,C-5ギャラクシー輸送機が製造
された。強度問題やら高コストで政治問題を引き起こし
ながらの生産機数は131機。
民間転用されたジャンボジェットは1500機超えの
大ヒット。ビジネスではボーイング社が圧倒的勝利を
おさめた。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テッペン爺

Author:テッペン爺
昭和22年(1947年)
京都に生まれ、
芦屋に育ち、大阪を経て
現在は芦屋に在住。
身長178㎝ 体重75㎏
販促企画のプランナーとして
適度に活躍(?)して33年。
現在に至る。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。