スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街「東京天空之大樹塔VS庶民流経済振興策」


〈言ってはイケないのかシリーズ その2〉

はじめに―
膨大なCMを流してくれる最重要スポンサー様ゆえ、テレビでは絶対に
悪質なカツラ商法について取り上げない、とか
莫大な新聞印刷を委ねられているので、某全国紙は某宗教法人について
ゼッタイ書かないとか、
日本の社会においても、中国やロシア並みに多くのタブーがあるようだ。

私にだって、のどに刺さった小骨のごとく、折々にちくちくする、
誰もあまり触れないけれど、言ったら言ったで、石つぶてが飛んできそうな
気になるコトがいろいろあるのだ。
ええい、言っちゃえ!

※このコメントを〈言ってはイケないのかシリーズ〉の前フリにしようと
思っていたが、前回、書き忘れたので今回より。


でさぁ、東京スカイツリー、あれってカッコイイのかい?
今じゃ文句のつけようのねぇ超人気ぶりだけどさ。
半年くらい前、近くのシティホテルのレストランで食事してたらよ、
あっと言う間に、ジイさんやバアさんでイッパイになっちゃったワケ。
驚いちゃった。けっこう遠くから群れ~なして見物に来てんだよ。
まだ半分くらいっきゃ建ってねぇのにさ。

で、スカイツリーのデザイン。
デザインてぇものは、合理性があってこそ美しい。
スカイツリーは、五重塔の免震構造に着目して設計されたってんだから、
滅法界合理的なハズだよな。
心柱に相当する中心構造物が有ってさ、そのまわりをパイプが
取り巻くって寸法なのよ。
おまけに、脚部の占有面積を抑えるために、塔の断面形を
四角、三角、丸へと変化(順は忘れた)させるってぇ念の入れようだ。
え、ずいぶんと合理的な設計だろ。
でもよ、ずいぶん前だけどさ、マツダのCMにCGで
出て来た時なんざ、おいらドバイかどこかのテレビ塔かと
思っちゃった。
プロポーションが悪くてさぁ、どうにも格好悪りぃなあって。
近頃は、中東やら中国の奥地の都市やらでこのプロポーションが
流行ってんだけどさ。
デザイン的にはただのものまねだよ、これじゃぁ。
オリジナリティってものが無ぇんだよ。
なんだか、上海の明珠タワーのほうがカッコよく思えて
きちゃったりなんかして。
もっとも、上海のテレビ塔は毎度のことながら、ベルリンの
テレビ塔のパクリなんだけどね。

そいでもってよ、ここへ来て、カチンときたのが
観覧料3,000円也ってやつ。
高さ350メートルで2,000円、450メートルであと1,000円だって。
家族4人で行ったら一万円だよ。
なんでカネ取んだよ。
電波塔として各局から使用料取ってんだからさぁ。
意味わかんねぇよ。
カネ払って高ヶえとこ登るなんざあ、バカ、煙だよ。

どうしても、お江戸、じゃなくって東京を高ヶえ所っから見てぇんなら
都庁へ行きな、トチョーッ!
地上202メートルの展望室は無料!タ!ダ!

おまけによ、スカイツリーの脚元にはブランドShopやら
外食チェーン店やらが出店する、お定まりの商業施設が出来んだって。
こんなとこへ、関西あたりからノコノコ出掛けて行って、買い物したり、
食べたりしちゃダメだよ。
大きな会社儲けさせるだけなんだから。
それに、ここいらのものなんて、新宿だの渋谷だの巣鴨だの、梅田で
いつでも買ったり、喰ったり出来んだから。

おいら達庶民は、東京スカイツリーをネタにしなくっちゃ。ネ!タ!
大枚はたいて登ったりしちゃダメだよ。
根っこまで行って、家族で、良いアングルの写真とってさ、
その界隈の、地元の飲食店でメシ喰って、商店街でモノ買って、
ぶらぶら歩って、ちょいと離れた街でまた良い場所見っけて
そこで写真撮って、そこいらの店であれさ、あれ、スイーツってやつ、
てかオヤツしてさ、
そ、地元にお金をオトすのよ。じ!も!と!
スカイツリ―の入場料、家族4人分で1万円也が地元にオチると
お~きいよ~。

ツリ―周辺部に来た見物客(あくまで見物だよ)がよ、
商店やら飲食店(スカイツリーが見える地域ならどこでもありだよ)に
金をオトすだろ、
するってぇ~と、店のおカミさんは、ちょいとばかり懐ぐあいが良く
なっちゃってさ、亭主のために魚やら肉やら奮発すらぁな。
と、地元の商店街の魚屋や肉屋が繁盛してさ、
ひさしぶりに、商店会で慰安旅行にでも行くか、
なんてことで、こんどは温泉街がにぎわって、な~んて感じでね。

要は、庶民は庶民同士でお金がまわる経済のスキーム(なんちゃって)を
作んなきゃ、って話なのよ。

で、お前はだれだって。
お、おいら通りすがりの江戸っ子よ。
京都の生まれどす。
神戸の隣の芦屋で育ったんやけど、知っとお?
今は、大阪に住んでますねん。
あ、すかす、すかすだ、オフクロはとつぎだ、とつぎ!
わがんねか?ほれ、あの、ぬっこうさある、ト、ツ、ギ!


レンタルバイク
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テッペン爺

Author:テッペン爺
昭和22年(1947年)
京都に生まれ、
芦屋に育ち、大阪を経て
現在は芦屋に在住。
身長178㎝ 体重75㎏
販促企画のプランナーとして
適度に活躍(?)して33年。
現在に至る。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。