スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

髪「生やすことより専守防衛に徹しよう」

毛生え薬なるものが本当にあるとすれば、どこかにノーベル賞をもらった人が
いるはずだ。きっと。だから、そのようなものは世に存在しないのだろう、と私は思っている。
今日のテーマは、われわれの世代にとって、ちょっとシリアス。

さて、私の頭髪であるが、50歳を過ぎるまで頭髪は黒くて、硬くて(ん?)、豊かであった。悲劇は突然訪れた。数年前だが、春先のゴルフコンペでキャップ無しでラウンドしたところ、頭頂部が大打撃を受けてしまった。毛髪は著しく細り、頭皮がというか頭のラインがしっかりと確認できるではないか。若いころから薄毛で悩み、といったプロセスが無かった分だけショックも大きかったが、カツラをしようという思いはわかなかった。
ちなみに、私は、禿げ頭は無様だ、などとは思っていない。適度な毛髪を残した形のよい禿げ頭にはむしろ憧れすら感じる。ただし、バーコード処理には大いに違和感を覚える。本人が納得しているだけで、傍目の効果は得られないと知るべきだ。
で、このような状況に陥った私はと言えば、なんら科学的根拠を持たないまま、長く続けられそうな毛髪対策をゆるゆるとはじめたわけである。

かつて私は、豊かな頭髪故に、自分の髪にこんな乱暴狼藉をはたらいていた。
・二~三日に一度くらいしか頭を洗わない。
・洗う時は、シャンプーをつけて、前後に激しく、ガシガシ洗う。
・熱いお湯でガンガンすすぐ。
・気持がいいからミント系のトニックでガシガシ、これまた前後にマッサージ。
若くして薄毛に悩んでいる人、年齢相応に薄くなってきているみなさん、こんな事してないよね。まさかね・・

さてみなさん(関西の人は浜村淳風に)、ここでちょっと、髪の毛を守り育てる事を、稲作になぞらえて想像してみてください。
実った稲穂が毛髪だとすれば、
●田植えの前に苗代はよく手入れしておく。→だから、洗髪はできるだけ毎日。
●頭皮たる田んぼにお湯や冷水は入れない。→だから、 熱いお湯や冷たい水で洗髪しない。
●田植えの終わった田んぼの中には足を踏み入れない。→だから、前後に激しく、ガシガシ洗わない。
●できれば農薬は使いたくない。→だから、頭皮についたシャンプーやリンスは、ぬるま湯でしっかり洗い流す。
●来年のために田んぼの土は大切に管理する。→だから、頭皮のストレスを安息効果のあるもので和らげる。
という事になる。
私はこれを、市販商品つまりどこのドラッグストアでも売っているものを利用して数年間続けて来た。結果、完全復活には遠く及ばないが、かなり持ち直して来た感が強い。
費用もさしてかからず、日常的にできることなので、よろしければお試しあれ。(という呼びかけは薬事法に抵触するのだろうか)

■伝え聞いた基本的な考え方
・頭髪は、産毛状態で毎日発毛している。
・これをいかに育てるかがキモである。
・髪の毛は、前から後ろへのなでつけに対しては強く、抜けにくい。
・逆に、後ろから前、左右への引っ張りには弱い。ガシガシ洗髪してはいけない理由がここにある。

■実践
① 洗髪はほぼ毎日。でないと、加齢臭の発生源になるかも。
② ぬるま湯でシャンプーする。
 これは頭皮を洗うためです。洗髪用のブラシ(柔らかいゴムやシリコン製)で、なでるように、前から後ろへ洗う。
 まちがってもガシガシ洗わない。シャンプーはなんでもいいが、好きな香りのもので洗うと気は良くなる。
③ ぬるま湯でしっかり、やんわりシャンプーを洗い流す。
④ リンス又はコンディショナーをなでつける。これは、髪に栄養分を与えるため。
  この状態でしばらく置く。身体を洗うかヒゲでも剃るのがよろしいかと。
⑤ ぬるま湯でしっかりリンスやコンディショナーを洗い流す。
浴室内での作業は以上。そして、洗面所で最後の仕上げ。これが大切です。
⑥ 頭皮のストレスを安息効果のあるもので和らげる。
  私は、加美乃素を使用している。成分は定かでは無いのだが、自然素材が主体のような気がする。
  父親が使っていたので、若い頃から断続的に愛用してきたが、まさかもう一度お世話になろうとは。
  千数百円と値段も手頃で、2ヵ月位は使用できる。
  私はよくわからないのだが、妻はほのかなハーブの香りが気に入っているそうな。
  女性が抵抗の無いもの、これも大事なポイントだ。
以上、くどくど書いたけれど、やりはじめたら大した手間ではないので、気長にやることをお奨めする。
注) 頭皮に傷や吹き出物のある人はこのプロセス厳禁

ノーベル賞ものの毛はえ薬がこの世に存在しないという事実を踏まえ、
守りに徹して現状維持、脱毛本数の減殺に努める。
シニアは、頭髪の専守防衛に徹すべし!敬礼い~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テッペン爺

Author:テッペン爺
昭和22年(1947年)
京都に生まれ、
芦屋に育ち、大阪を経て
現在は芦屋に在住。
身長178㎝ 体重75㎏
販促企画のプランナーとして
適度に活躍(?)して33年。
現在に至る。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。