スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「風立ちぬ ― 宮崎駿×小澤さとる+百田尚樹×団鬼六=零戦」 その1

この数式ともつかぬものはなんでしょう? =零戦なんですが
ジブリの新作、「風立ちぬ」が間もなく公開されます。
宮崎のこの物語というか漫画が忽然と登場したのは2009年。
モデラー向け雑誌「モデルグラフィツクス」 (大日本絵画) に連載されました。
毎度のごとく、宮崎駿の妄想ノート方式で、登場人物は豚を擬人化して描かれていたと、記憶しています。
ナウシカは映画化されたわけですが、このシブくて地味な話(わたし的には大好きですが)、
これはやらんだろうと思っていたので、シネコンで巨大な予告ポスターを見た時はびっくりしました。
名機「零戦」の設計者として知られる堀越二郎の物語です。
柳田邦男の小説「零戦燃ゆ」に設計現場の苦闘が活写されていますが、
ほぼそのあたりのエピソードが核になっていると思われます。

さて「黄色い零戦」とはなんでしょう?
これも、同じ堀越二郎と零戦開発現場を描いた漫画で、作者は小澤さとる。
そう、私たちが子供のころ、「サブマリン707」「青の6号」でリアルな潜水艦の世界、戦いを見せてくれた
漫画家です。


「黄色い零戦」は約25年前の1988年、単行本として発売されています。知る人ぞ知るといった作品ですが、
読んだ人からは総じて高い評価を得ています。私自身も、その静謐さにある種の凄みといったものを
感じました。
先日、あるテレビ番組でスタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫が、「今度の映画(風立ちぬ)では
効果音に擬音を使わない」といった趣旨の話をしていました。
「黄色い零戦」でも、ブルルとかダダダッとか、爆音や銃撃音など一切の擬音が描かれていません。
怒りのマークや汗のしずく、怒鳴り声の吹き出しも、スクリーントーンも使われていません。
とても静かな漫画ですが、それゆえに言葉に出さぬ情熱や決意が感じられ、それ故の凄みが見えたのだと
思います。
「風立ちぬ」も映画として、アニメとして同じような佇まいになるのだろうと思っています。
「黄色い零戦」と「風立ちぬ」は陰陽の存在だと思うのです。
どちらが良くてどちらが悪いということではありません。それぞれの役割があるのだと思います。
「黄色い零戦」は柳田邦男の小説「零戦燃ゆ」での開発エピソードや堀越二郎の人となりを見事に
ビジュアル化しました。
「風立ちぬ」は、戦争を知らない世代、航空機や戦争に関心や想いを寄せぬ人にも、
劇場に人を呼び寄せる力量を以てあまねくその有り様を流布してくれることになるでしょう。

それにしても、宮崎駿が実在の人物を描くのははじめてです。
そういえば 黒澤明晩年の監督作品は実在の人物、内田百閒をモデルに描いた「まあだだよ」だったのですが、
これがなんともつかみどころのない映画で・・・・
いやいや、いらざる心配は止めておきましょう。

先日のNHKの巧妙な映画宣伝的ドキュメントで、「人間・宮崎駿」なるキャッチが立っていました。
そうか、72歳となって人間にお戻りになられたのか。
「もののけ姫」やら「千と千尋の神隠し」やら「ハウルの動く城」やら「崖の上のポニョ」やらと、
長らく上目線かつ難解な訴求で劇場に無辜の観客を誘い出して来た天才・宮崎駿が、
タイトルから「の」の字を抜いて心機一転!人として、どのような物語を私たちに授けてくれるのか。
映画の公開日は7月20日。
“となりのトトロ”がとうに見えなくなってしまった66歳の期待は高まるばかりなのです。

では、戦場に送り出されて行った零戦はどのような運命をたどったのか。
その最後を見届けた作品が、百田尚樹「永遠の0-ゼロ」(今年、映画公開予定)であり
団鬼六の「往きて還らず」なのです。そしてこの2作品もまた陰陽の関係にあります。
それについては、次回、
スポンサーサイト
プロフィール

テッペン爺

Author:テッペン爺
昭和22年(1947年)
京都に生まれ、
芦屋に育ち、大阪を経て
現在は芦屋に在住。
身長178㎝ 体重75㎏
販促企画のプランナーとして
適度に活躍(?)して33年。
現在に至る。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。