スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅「ケアンズのPlainでPlaneな日々」

ケアンズ挙式後姿縮小

のこの姿を見るために、オーストラリア、ケアンズへ。
この街は、世界遺産グレートバリアリーフ観光の拠点であり、
ゴールドコーストへの乗り継ぎ地となる。
それゆえ、観光客の多くは日本人の若者たちだ。
小さな動物園の小さな教会で執り行われた結婚式は別として、
妻と還暦過ぎたオバちゃん二人を引き連れてのケアンズ滞在5日間は、
チトもてあまし気味の毎日であった。

マングローブの森を切り開いて造られた
街はプレーン、まさに平原
ケアンズ中心部縮小

ケアンズ市内上空縮小

ケアンズカジノ縮小
なんと、カジノがある!街で最大級の建物

元密林!だから、これが、街路樹ケアンズ街路樹縮小

ケアンズコウモリ縮小
オーストラリアのコウモリはシティ派

ケアンズ国際空港はのどか
パイパー双発機縮小

ケアンズヘリ整備士縮小
整備士のオジサン、体重ありすぎてヘリ傾いてるし
ケアンズ救難機縮小
航空救難隊もヒマそ、結構なことです
ケアンズ救難クルー縮小

プレーンな日々とはいえ、こっちのプレーンは飛行機マニア最高の喜び
飛べ!めざせ!グレートバリアリーフ~
大きなバリアの岩礁、ってそのままやん
ケアンズセスナ縮小
これで飛ぶのだ! 7人乗りセスナケアンズ副操縦席縮小
副操縦士席ゲット!
GBリーフ上空縮小

GBリーフハート縮小
わお、ハートリーフ発見!シニア夫婦に幸せを!

海はといえば、これまたプレーンなペッタンコの船がお好きなようで
リーフ内が比較的穏やかなこともあって、
ヨットも客船もカタマラン(双胴船)が多い
カタマランヨット縮小
このタイプのヨットは完全に転覆した時の復元性に難ありだが
まず転覆しないだろう
カタマラン客船縮小
こんな客船があちこちの桟橋にうようよ

トロピカルZOOの動物たちもの~んびり
カンガルー縮小
あごの下や首筋を撫でてやるとグイグイ身を寄せてくる
ネコかお前は

『なあオッチャン、そんな退屈そうなコトばっかり言わんと、
また来てな~』
と言ってるような気がする
コアラにはなぜか関西弁が似合う
コアラ縮小







デザイナーズ家具、輸入家具のオンラインショップ Genufine
スポンサーサイト
プロフィール

テッペン爺

Author:テッペン爺
昭和22年(1947年)
京都に生まれ、
芦屋に育ち、大阪を経て
現在は芦屋に在住。
身長178㎝ 体重75㎏
販促企画のプランナーとして
適度に活躍(?)して33年。
現在に至る。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。