スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きもの達「派手ではないが、ハートウォーミングな出会い」

つい先日、家の前のバス停で盲導犬に出会った。
でかい図体に割烹着(色柄、デザインがそう見えた)を着せられ
こちらにお尻を向けてペタリと這いつくばっていた。
私はといえば、目尻が下がって、ジワッときて、口元はニヤッとなって、
忙しいことである。
写真を撮ろうと思ったが、臆してしまった。
今度会った時は、一声かけて撮らしてもらおう。
後ろからがいいな、やっぱ。
人も歩けば、ワンコやニャンコにあたるのだ。


Paris『パリの猫をパリニャンといいます』

パリのニャンコ縮小
さすがというか、パリの猫は何かしら雰囲気がある。
ここはパリ近郊のブールジュの大聖堂。
おしゃれな雑貨屋さんの前で身動ぎもせずたたずんでいる。
お店の中を見ようとドアに近づいて行ったら、のそのそとどこかへ
行ってしまった。
ドアノブに手をかけたら、どこからともなくサッと戻ってきた。
なんだ、店に入りたかったのか。
でも、お店はまだオープンしてなかった。
あ~あ、買いたいエコバッグがあったのに~
キミも残念、ボクも残念。


芦屋『階段上のワンコ』
小さなトルコ料理店の脇の階段のその上が彼(彼女かも)の住まいだ。
犬小屋の奥で眼が光っている。
しばらくすると、尾っぽふりふり階段を降りてきた。
にもかかわらず、私に向かって吠えたてる。
興味津々、でもちょっと警戒といったところか。
手を差し出すと、手のひらをがぶり。
そのままにしていると、噛んだところをぺろぺろ。
びびっているワンコと仲良くなるにはこの手にかぎるが。
ちゃんと予防接種していることを祈るのみだ。
犬小屋の後ろは阪急神戸線で、芦屋川駅に特急は停らない。
なので、電車は轟音をたてて走り抜けていく。
あまり上等な住環境ではない。
そのストレスが彼をイラつかせているのかもしれない。
階段ワンコ1縮小

階段ワンコ2縮小
■後ろの高架が阪急神戸線


金剛山『登山犬だぜコロン』
娘夫婦の愛犬コロンはもう20回近く金剛山に登っているはずだ。
最初の頃はロープウェイで山頂まで行っていたが、今では麓の
駐車場から山頂をめざしている。
ちなみに、ロープウェイのワンコは手荷物扱いで片道200円也。
ケージは無料で貸してくれる。
よほどの事がない限り吠えないコロンだが、ゴンドラに乗っている間中、
クゥ~ン、クゥ~ンと情けない声を発し続け、同乗客の失笑を買って
いた。
しか~し、一歩大地に降り立てば、もうこっちのもの。
逞しきトイプードルに変身するのだ!ワンワン
リードを持っている私は超ラクチン。
山道をどんどん引っ張っていってくれる。
加減というものを知らんな、こいつは。

コロン縮小山ワンコ
■登山犬だぞ~

コロンモヒカン縮小
■最近はモヒカンルックだワン


和歌山 貴志川『こちら、超大物ニャンコ』
そ、タマ駅長。
少し春めいた陽気のある日、駅舎が新築工事中(現在は完成)ということも
あって、駅長さんは久しぶりに外に出てきたらしい。
部下(飼い主)のオジサンがそう言ってた。
タマタマ訪れた私たちはなんともラッキー。
いつもは黒山の人だかりで、フラッシュを使う不届きな客も多く、何かと
気苦労の絶えないタマ駅長も、この日はリラックス。
こちらも、さわり放題なで放題。
タマ駅長縮小
■まどろむ駅長。タダのニャンコに戻ってる

和歌山電鐵 貴志川駅は今や、猫ファンの聖地と化しているそうな。
駅のそばの「工房レトロ」のひとによれば、日本各地はもちろん、パリや
アジア各国から猫愛好家が来ているとのこと。もちろん、このお店にも。
ちなみに、この「工房レトロ」は、ニャンコアート&グッズのお店で
作家の女性二人がいつもお店にいらっしゃる。
歌舞伎猫やら落語猫などが描かれた原画、さまざまなグッズが
販売されている。※詳しくはウェブで
         http://www.kobo-retro.com/


高校生くらいまで、我が家には多いときで六匹の猫がいた。
もちろん出入り自由。
近くの畑で農薬を食べて死んでしまったのもいたが、のどかな暮らしをさせて
やれたと自負している。
ひるがえって、都会で、それもマンションなんかで動物を飼うのはたいへんな
事だ。
飼い主はもちろん、当の動物たちも少なからずストレスを負うことになる。
こんな話は、話し出すときりがないので差し控えるが、子供にねだられて
ピアノでも買うように、犬、猫を買い与えるような不見識極まりないことは
やめてほしい。
100歩譲って、次の飼い主を見つけること。
1000歩譲って、ワンコ、ニャンコのタケモトピアノを見つけること。





太陽光発電
スポンサーサイト
プロフィール

テッペン爺

Author:テッペン爺
昭和22年(1947年)
京都に生まれ、
芦屋に育ち、大阪を経て
現在は芦屋に在住。
身長178㎝ 体重75㎏
販促企画のプランナーとして
適度に活躍(?)して33年。
現在に至る。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。