スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車「大樹に蚊とんぼ―日本の世界的自動車メーカーに喧嘩を売るの図」

〈言ってはイケないのかシリーズ その1〉


トヨタ車はイイ車なのか?

このメーカーが高級車と称する車種は、ただただ静かで、ステアリングへの
インフォメーションがほとんど無く、車がどっちを向いて、どういう状態で
走っているのか、よくわからない。
このことの危険性が、このメーカーにはどうしてもわからないようだ。
社用に使っているプリウスは、濡れた路面で簡単にタイヤが空転する。
制御プログラムのセッティングの煮詰めが甘いのだと思う。
総じて国産車はブレーキが甘く、急ブレーキでヌケが起き、追突の
可能性が高くなる。

車の第一義は、
安全性(ボディ、動力、サス、制御のパッケージング)と・・デザイン! 
3,4が無くて5番目くらいが快適性だ。命有ってのモノダネでしょ。
「カップホルダーがたくさんあって、シートの色がかわいくて~」
てな客はアホだ。
ただし、車なんてゲタだ!ちゃんと走ればそれでいいという方には、
トヨタ車は絶対お奨めです。故障は少ないし、リセールバリューも
圧倒的に高いので。

外観デザインのお粗末さ、これはもう、目を覆うばかりで、
改めて言うまでも無い。
だから、車は自分の感性を体現するものだ、と考えてトヨタ車に
乗っている人はチトやばい。
CAR雑誌はわかっていながら当然書かない。
大手メーカーの広告出稿ゼロではやって行けないからだ。

デザインと言えば、悪貨は良貨を駆逐する。
悪い病が伝染したようで、ベンツ、BMWのデザインがかなり
エグくなって来ている。サイドのグラフィックを見れば一目瞭然。
FRなのに、なんでこんなにプロポーションが悪くなるのだろう。
BMWのチーフデザイナーが日本人だと聞いた記憶があるが、
これは未確認。
アウディのワッペングリルもかなり意味不明デザインだったが、
この頃少しこなれてきたかも。

日本メーカー希望の星はスズキだ。
会長がイイ。
あんな歳になっても居座って(?)、しかも先頭を切って、
スイフトやスプラッシュなど安くて良い車を世に出してくれる。
こういう圧倒感をマスコミはほとんど取り上げない。
(ヴィッツやマーチ買っちゃった人はお気の毒です)
さらに、なんと、VWがすり寄って来て、提携までしてしまった。
(スプラッシュはヨーロッパではオペルブランドなんだけれど)
そして、もう何年もインドというとんでもないマーケットで
トップシェアを誇っている。
車も良いし、事業戦略も明解で実に痛快だ。
もうひとつの希望の星だったスバルはトヨタ傘下に入って
しまったので、
これからのスズキに期待大です。

う~ん、これだけ書くと、トヨタはもとよりトヨタ車ユーザーまでも
敵にまわしてしまったな。

最後に、エクスキューズでは無いけれど、
トヨタ車に乗っているみなさん、ほんの数日でいいから(試乗ではダメ)、
最近のドイツ、フランス車、又はスイフト、スプラッシュに
乗ってみてください。
車はこんなふうに、「真っすぐ走れ」「ちゃんと曲がれ」
「ちゃんと停まれ」「楽しく疾しれる」ものだということが
よ~くわかりますから。


スポンサーサイト
プロフィール

テッペン爺

Author:テッペン爺
昭和22年(1947年)
京都に生まれ、
芦屋に育ち、大阪を経て
現在は芦屋に在住。
身長178㎝ 体重75㎏
販促企画のプランナーとして
適度に活躍(?)して33年。
現在に至る。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。