スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街「京はいにしえ―大文字 五山の送り火におもふこと」


いにしえ、とは本来、自分が生まれていない遠い過去のことを言うらしい。
65という齢を迎えた私にとって、幼少期を過ごした京都の思い出は、その意味のごとく、
はるか彼方のこととなった。

8月16日、今日は五山の送り火。
60数年前、私たち幼い子供たちは「大文字焼き!大文字焼き!」と
無邪気にはしゃいでいた。
いや、まわりの大人たちから「五山の送り火」という言葉を聞いた記憶もない。

0405.jpg
■生家の前の小道、その向こうには京都タワーが聳える

私の生家は国鉄京都駅の北側、七条新町にあった。
物心がついた1950年頃、まだ東京や大阪が大空襲によって焼け野原であった頃、
空襲を免れた京都では、そんな光景を目にすることは無かった。
けれども、家の隣は「洛陽ホテル」という進駐軍の専用ホテルだった。
戦争に負けた、という生々しい事実がそこにあった。
04052.jpg
■その建物、現在は関西電力の社屋になっている

小さなミカン箱
貧しい時代だった。
我が家の2階に暮らしていた親戚の新婚夫婦は、生まれて間もない赤子を失う。
貧弱な医療環境、厳しい食糧事情であったが、子を生し家庭を築こうとする想いは、
今の人々の百倍は強かった、のではないだろうか。
幼子の眠る、棺がわりの小さなミカン箱にとりすがる若き母親の後ろ姿は、今も目に
焼きついている。

おじさん家のトースト
貧しさが等しく降り注いでいたわけでもない。
我が家の裏手に住んでいた中年夫婦の朝食は、コーヒーと食パンにバターをたっぷり塗った
トーストであった。
60数年前の私には、それがいかなるものかわからず、それでいてとても洒落た食べ物であることだけは
感じていたようだ。
食べたかったわけではない。
焼けた食パンにバターを塗り込める、カップに黒褐色の液体を注ぎ込む、その光景が見たくて、
よそ様の家に上り込んでいた。
どんな出自の人たちか、ついぞ知ることはなかったが、アルところには有ったのだ。

となりのオテラ
心貧しかったわけではない、多分。
ある日我が家に、東本願寺のぼんさん(坊様)が二人やって来た。
その頃私は近所の友達と二人で、お東さんの上(かみ:北側)にある大谷保育園に
通園していたのだが。
ぼんさんらは母親に、本願寺の境内を抜けて保育園に行かせないよう言い置いて
帰って行った。
僕たちは、お東さんの前の大通りを通らず、毎日、境内を横へ横へ、上へ上へと抜けて行ってたのだ。
天皇さんが使わはる「菊の門」横の止め格子も、僕らはするりと通り抜けてしまう。
どうもこれがマズかったようだ。
この素敵な通園路を使わなくなったワケは、ぼんさんに言われたからではない。
ある日この路で腐ったギンナンの実を踏みしだいてしまった。
以来、その臭いが私の脳に記憶されてしまったからだ。
その後、居酒屋でギンナンを注文できるようになるまでには、50年の歳月を要した。

ぼくらの遊園地
貧しさから生まれた知恵か悪知恵か。
我が家から歩いて5分ばかりの河原町通り沿いに百貨店があった。屋上には定番の遊園地があった。
当時は丸物(まるぶつ)百貨店で、それが近鉄百貨店となり、今はヨドバシカメラになっている。
一通りの遊具があったけれど、僕らのお気に入りは飛行塔と丸いプールを廻る四人乗りの
クルーザー(?)だ。
残念ながら、飛行機は地上すれすれにしか飛べないし、ボートはあえぐように、ゆっくりとしか進めない。
なぜなら、閉園後の夜間で電源が切られているからだ。自分たちで押したり、引いたりするしかない。
僕らは夜な夜な建物の外側の階段を登って、秘密の遊園地を満喫していたのだ。
ある夜、その階段の前まで行くと、鉄格子の扉に大きな南京錠が掛けられていた。
貧しい僕たちの遊園地はこうして消えて行った。

ボッボッぼくらは少年探検隊
みんな~、歩調をとれ~
七条通りに出るぞ~ 
それから真っすぐ、鴨川渡って、京阪電車の踏切超えて、三十三間堂の前通って
智積院さんの脇道から、東山へ突入!
貧しくても僕らは元気だった。
道なき道を分け入って、漆にかぶれ、突然の夕立にうたれて、
そして、枯れ枝一本背にかつぎ、夕日を追いかけるように我が家をめざした。


「五山の送り火」の起源は宗教行事として、平安時代とも江戸時代ともいわれるが、昨年の、
放射能の薪拒絶騒動を見れば、これが単なる観光行事に過ぎないことがよくわかる。
「そんなもん焚いたら、どっからもお客さん来いしはりまへんえ」
いったい誰の一言が、京都らしいと言えばいかにもの、底意地の悪い出来事を
現出させたのだろう。

私はよく、大文字焼きの日と知らずに、寺町にある天寧寺へ墓参りに出かけてしまう。
出町柳駅でそれと気づいて、その人出に恐れをなし、先祖の供養もそこそこに、
大阪へと逃げ帰るのである。

いにしえ京都の思い出はせつなく、
今時の京都の出来事はやるせない。
スポンサーサイト

街「川辺のにぎわい、川中のにぎわい」


我が家の前の川沿いには緑道があり、
ジョギングコースというか、それ以上のレベルの人たちの
トレーニングコースになっている。
もちろん、買い物の自転車も行き交うし、
ワンコの格好の散歩道でもある。
けっこうなにぎわいなのだ。

そして、水面(みなも)に目を転じれば、
これまた結構なにぎわいがある。


ウサギと亀、ではなく「ウと亀」
ウとカメ縮小
何を話してるんだろう。亀が首を伸ばしているのは、
鵜の声が聴き取りにくいためか。ずいぶん背の高さ違うし。


続きまして、ナンパ中の川鵜
宮川白鴨黒鴨2
白いコにさかんにちょっかいかけたにもかかわらず、
彼女はプイと翔び去ってしまった。つれないものだ。



鴨は結構シャイであった
宮川かも2縮小
このカップルは仲良く寄り添っていたのに、カメラを向けると、
ツツとこの距離まで離れてしまった。なんぞワケありの仲なんだろうか。

宮川かも1縮小
鴨MTG縮小



これって鳩首会談?鳩首階段?
川辺鳩首会談縮小



そして闖入者は・・
宮川カヌー縮小
人ですが、そいつらはカヌーに乗ってやって来た。
侮れぬスピードで、カメラに上手く捉えられなかった。


水鳥と遊びたいワンコもいる
シャッターチャンスを逸しているが、
散歩中に川の中へ入って遊弋するワンコもいる。
鳥達と仲良くしたいのかもしれないが、
相手にされてない感が強い。

このあたりは河口に近く、満潮時には海水が上ってくるいわゆる汽水域で、
しょっちゅうボラが跳ねている。
水鳥達にとっては魅力的な餌場なのだろう。

それにしても、
コンクリートで護岸された愛想のない川なのに、
こんなに様々な生き物が集まって素敵な光景を見せてくれるなんて
ありがたいことである。


●飛行機だったらシルエットを一瞥するだけで
 わかるのに、鳥の判別力といえばこの程度。
 こういう本を一冊持ち歩こうかとマヂ考え中。
 ハンディ版でもあるし。


街「スゲ!〈移〉動戦士ガンダムの集人力」

2009年夏 ゆりかもめの窓越しに小さく、それは見えた。
わずかに西に傾きかけた陽を背にしたそのシルエットは
まごう事無きガンダムの勇姿。
GDM縮小夕景

出張中の身であり、しかも終点の有明(当時)にあるパナソニックのショールームに行かなくてはならないのだが。
逡巡は一瞬で、あえなく台場で下車。 めざすはその先の潮風公園。
公園から戻って来る人たちからは、「今から行くんだね」「すごいよ~」「イイですよ~」てな眼差しが飛んでくる。

海辺の公園は、大勢の人々で賑わっていた、と言えれば簡単だが、ちょっと様子が違った。
完成間近で公開前、なので入場の行列がある訳でも無く、アナウンスや音楽が流れているわけでもない。
この場に集った大方の人たちは、実物大というとんでもない代物に出くわして声も無く見上げ、あるいは、ひたすら
カメラのシャッターを切っている。
これだけの人がいるのに、とても静かなのだ。

集まった人たちの年齢や職業、いわゆる属性がばらばらなことにも驚く。
コアなファンやオタクと称される人たちはもちろんだが、スーツ姿のサラリーマン、作業服姿の人、かなり高齢な方、
若い女性も多かった。
GDM縮小全景2
image002.jpg
■このとてもキュートな外人女性は、ガンダムを背に大はしゃぎ。
 仲間に「ちゃんと撮ってね」とかなりきついダメ出しをしていた。
 それにしても、脚長、腰高のガンダムよりキミのプロポーションのほうが
 数段イイ!!と思っていたのは、私だけだったのだろうか。

GDM.jpg
■工事中なのだが、整備中の雰囲気が漂っている。


潮風公園のガンダムには、会期1カ月半に150万人の来場者を予想していが、最終的には450万人もの人たちが
集まったそうだ。
その後、2010年にはバンダイの本拠地、静岡で公開された。
ここにも、日本はもちろん、世界中からも、多くの人たちが押し寄せたことは言うまでもない。
この時はビームサーベル抜刀状態の大サービスであった。
今年はお台場で頭部や腕部などのパーツが地上にごろりと並べて、展示されている。
ガンダムの手のひらに乗った子供たちは大喜びだ。
これは、神戸・長田にある『鉄人28号』の巨大な足の甲によじ登って大はしゃぎする子供たちと重なる光景だ。

たった一体の構造物が、大人にも子供にも無邪気さや解放感を与えてくれる。
イベントに集客されるのでは無く、人々がそれぞれの想いや意を持って集う。
それがガンダムの集人力だと思う。
ちなみに、私はガンダムファンでもないし、TVアニメ30分をまともに観たことも無い。
それでも、こういうアホな(めちゃくちイイ意味で)ものを創り上げた関係者の情熱、エネルギーに触れたいという強い思いが、会場へ足を向けさせたのだと思う。

改めて言うまでも無く、このガンダムは、官僚、役人どもが多額の税金を収奪して確信犯的に作る、集客力ゼロ、魅力皆無の「箱モノ」とは真逆の存在だ。
高さ18メートル、重さ35トンの実物大『機動戦士 ガンダム』は、時と場所を変えてその魅力を伝えてくれる<移>動戦士なのだ。

某国の、とても洒落っ気のある大臣が「日本にはこんな秘密兵器があったのか」と言ったそうな。
ならば、コイツと神戸の鉄人28号で、
「箱モノ」づくりに血道を上げる「バカ者」― 官僚、霞が関、都心の一等地を占拠する公務員マンション ― なんかを蹴散らしてみようか。



▼同じロボットでも、私はこちらのファン。
 生活感あふれる青春物語で、なかなかのほんわかムード。
 できるんじゃねえか押井守。
     ※TV放映版(BD)

街「東京天空之大樹塔VS庶民流経済振興策」


〈言ってはイケないのかシリーズ その2〉

はじめに―
膨大なCMを流してくれる最重要スポンサー様ゆえ、テレビでは絶対に
悪質なカツラ商法について取り上げない、とか
莫大な新聞印刷を委ねられているので、某全国紙は某宗教法人について
ゼッタイ書かないとか、
日本の社会においても、中国やロシア並みに多くのタブーがあるようだ。

私にだって、のどに刺さった小骨のごとく、折々にちくちくする、
誰もあまり触れないけれど、言ったら言ったで、石つぶてが飛んできそうな
気になるコトがいろいろあるのだ。
ええい、言っちゃえ!

※このコメントを〈言ってはイケないのかシリーズ〉の前フリにしようと
思っていたが、前回、書き忘れたので今回より。


でさぁ、東京スカイツリー、あれってカッコイイのかい?
今じゃ文句のつけようのねぇ超人気ぶりだけどさ。
半年くらい前、近くのシティホテルのレストランで食事してたらよ、
あっと言う間に、ジイさんやバアさんでイッパイになっちゃったワケ。
驚いちゃった。けっこう遠くから群れ~なして見物に来てんだよ。
まだ半分くらいっきゃ建ってねぇのにさ。

で、スカイツリーのデザイン。
デザインてぇものは、合理性があってこそ美しい。
スカイツリーは、五重塔の免震構造に着目して設計されたってんだから、
滅法界合理的なハズだよな。
心柱に相当する中心構造物が有ってさ、そのまわりをパイプが
取り巻くって寸法なのよ。
おまけに、脚部の占有面積を抑えるために、塔の断面形を
四角、三角、丸へと変化(順は忘れた)させるってぇ念の入れようだ。
え、ずいぶんと合理的な設計だろ。
でもよ、ずいぶん前だけどさ、マツダのCMにCGで
出て来た時なんざ、おいらドバイかどこかのテレビ塔かと
思っちゃった。
プロポーションが悪くてさぁ、どうにも格好悪りぃなあって。
近頃は、中東やら中国の奥地の都市やらでこのプロポーションが
流行ってんだけどさ。
デザイン的にはただのものまねだよ、これじゃぁ。
オリジナリティってものが無ぇんだよ。
なんだか、上海の明珠タワーのほうがカッコよく思えて
きちゃったりなんかして。
もっとも、上海のテレビ塔は毎度のことながら、ベルリンの
テレビ塔のパクリなんだけどね。

そいでもってよ、ここへ来て、カチンときたのが
観覧料3,000円也ってやつ。
高さ350メートルで2,000円、450メートルであと1,000円だって。
家族4人で行ったら一万円だよ。
なんでカネ取んだよ。
電波塔として各局から使用料取ってんだからさぁ。
意味わかんねぇよ。
カネ払って高ヶえとこ登るなんざあ、バカ、煙だよ。

どうしても、お江戸、じゃなくって東京を高ヶえ所っから見てぇんなら
都庁へ行きな、トチョーッ!
地上202メートルの展望室は無料!タ!ダ!

おまけによ、スカイツリーの脚元にはブランドShopやら
外食チェーン店やらが出店する、お定まりの商業施設が出来んだって。
こんなとこへ、関西あたりからノコノコ出掛けて行って、買い物したり、
食べたりしちゃダメだよ。
大きな会社儲けさせるだけなんだから。
それに、ここいらのものなんて、新宿だの渋谷だの巣鴨だの、梅田で
いつでも買ったり、喰ったり出来んだから。

おいら達庶民は、東京スカイツリーをネタにしなくっちゃ。ネ!タ!
大枚はたいて登ったりしちゃダメだよ。
根っこまで行って、家族で、良いアングルの写真とってさ、
その界隈の、地元の飲食店でメシ喰って、商店街でモノ買って、
ぶらぶら歩って、ちょいと離れた街でまた良い場所見っけて
そこで写真撮って、そこいらの店であれさ、あれ、スイーツってやつ、
てかオヤツしてさ、
そ、地元にお金をオトすのよ。じ!も!と!
スカイツリ―の入場料、家族4人分で1万円也が地元にオチると
お~きいよ~。

ツリ―周辺部に来た見物客(あくまで見物だよ)がよ、
商店やら飲食店(スカイツリーが見える地域ならどこでもありだよ)に
金をオトすだろ、
するってぇ~と、店のおカミさんは、ちょいとばかり懐ぐあいが良く
なっちゃってさ、亭主のために魚やら肉やら奮発すらぁな。
と、地元の商店街の魚屋や肉屋が繁盛してさ、
ひさしぶりに、商店会で慰安旅行にでも行くか、
なんてことで、こんどは温泉街がにぎわって、な~んて感じでね。

要は、庶民は庶民同士でお金がまわる経済のスキーム(なんちゃって)を
作んなきゃ、って話なのよ。

で、お前はだれだって。
お、おいら通りすがりの江戸っ子よ。
京都の生まれどす。
神戸の隣の芦屋で育ったんやけど、知っとお?
今は、大阪に住んでますねん。
あ、すかす、すかすだ、オフクロはとつぎだ、とつぎ!
わがんねか?ほれ、あの、ぬっこうさある、ト、ツ、ギ!


レンタルバイク

都市「京都が失ったもの、得たもの」


京都駅まん前の、七条に生まれた。
まわりには、主に修学旅行生相手の旅館がたち並んでいた。
建物は建て替えられたが、今もそれは変わっていない。
その跡取り息子達が友達で、幼い私たちにとって、旅館は格好の
遊び場であった。
ほうきを振り上げた女中さんに追い立てられるという、
絵に描いたような光景が、連日繰り返されていた。
絵に描いたといえば、テレビ放送も始まったばかりで、
一家に1台のテレビが有るわけもなく、
泊り客でもない近所の人々が、旅館の玄関先に置かれたテレビに、
夜な夜な群がっていた。
館の主(あるじ)が嫌ごとの二つ三つ言ったところで、馬耳東風である。
みんな、プロレス中継に魅了されていた。

0405.jpg
■このあたりに私の生家があった
 先ごろ、通りの先にヨドバシカメラが
 オープン

この、テレビ放送が開始される数年前の昭和25年、京都駅は
火災にみまわれ焼失した。
父親に肩車された私は、木造二階建ての駅舎中央にあった大きな時計台が、
夜空におびただしい火の粉を巻き上げながら、
ドウと倒れて行く様を間近で見ていた。
後日、親戚の駅員に燃えさかる駅構内の写真を見せてもらったのだが、
荷馬車用の馬たちがプラットホームの上を逃げ惑っている姿が印象的で
あった。

建て替えられた3代目にあたる駅舎は、8階建て+2階建てのL型で
シンプルかつモダンなものであった。(厳密に言うと逆Tか)
それでも、東寺の五重塔以外、さしたる突出物も無いペタリとした街に
この建物はいささか異質であったらしく物議を醸したという。
8階建ての方はレストランタワーになっていて、たまに連れて行って
もらう中華レストラン「ハマムラ」の芙蓉蟹は、幼い私にとって、
たいそうな御馳走であった。

さて、4代目となる現在の京都駅。
これはもう、建築コンペのレギュレーションでもめるわ、
建築規制を勝手に緩めるわ、建物のデザインに疑問符が付くわで
大いに盛り上がった?
で、あんなモノが出来上がってしまった。
30年も経てば古都に馴染むとでも思っているのだろうか。

欧米各国の駅、とりわけ都市の始発駅は美しい。
アーチ式の巨大なドームの下に幾条ものプラットホームが連なる、
パリのリヨン駅、ドイツのハンブルクやミュンヘン駅。
荘厳とも言えるアメリカのワシントンDCやニューヨークの
グランドセントラル駅。
パームツリーに囲まれたサンディエゴのサンタフェ駅。
数え上げればきりが無い。
そこには、都市の玄関口としての矜持が見てとれる。

ひるがえって、京都駅には、いや東京駅にも大阪駅にも
そのようなものは無い。
あからさまな商業主義を見事に体現した事において秀逸であり
古都の玄関口としての役割を放棄した事において醜悪である。

数年前、この駅がガメラとイリスの闘いで破壊され、よかったな~と
思っていたらいつの間にか再建されていた。残念。
※意味わからん人は、この文節は無視してください。

年間、京都5千万人 奈良1千450万人。
東京ディズニーランドに倍する観光客がやって来る京都。
勝てば官軍、かつての京都人として、ご同慶の至りと言うべき
なのだろうか。

昔、ベニスに旅行したおり、とても美人のイタリア人女性通訳に、
「東本願寺の前に三和銀行(当時)やコンビニの電飾看板があるのに驚いた。
日本人は景観という概念を持っていない」と断じられ、
とても恥ずかしい思いをしたことがある。
京都に限らず、都市の景観を考えている行政など皆無に等しい。
名所・旧跡・古刹・街並みは点としてしか存在せず、連なるでもなく、
ましてやエリアとしてのあり方など一顧だにされない。

もういちど都市のグランドデザインを考えないと
日本の古都は、日本を代表する「和風テーマタウン」に
成り下がってしまう。

Pari+Town_convert_20110408125700.jpg
■歴史的な建物が連なるパリ旧市街と新都心の見事なコントラスト

Pari+Tower_convert_20110408102705.jpg
■エッフェル塔の両サイドは静かな住宅地
 日本の都市にこんな景観は望むべくもない


プロフィール

テッペン爺

Author:テッペン爺
昭和22年(1947年)
京都に生まれ、
芦屋に育ち、大阪を経て
現在は芦屋に在住。
身長178㎝ 体重75㎏
販促企画のプランナーとして
適度に活躍(?)して33年。
現在に至る。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。